BDSM: Prickly Roses

BDSM: Prickly Roses
BDSM: Prickly Roses

椅子の下が檻のようになっており、そこに首輪と手首を付けられた女の子が入っています。日本のAVでも中々見ることができないような光景から始まっており、メッチャ攻めてきてるなって感じさせてくれます。日本ではもうちょっと違う意味で攻めている作品はありますけどね。檻のドアを開けて、首輪に繋がっている鎖を引っ張ると、表情一つ変えずに女の子が出てきます。いくらプレーの一環とは言え、全く嫌な顔をしない辺りに、プロのやる気を感じさせてくれます。

先ほどまで自分が入っていた檻の上の椅子に、これでもかというくらいに足をM字に開いて座ります。陰毛はおろか体毛が全くないので、きれいなおマンコの形が良く分かります。かなり荒々しい手マンにおっぱい揉みの後は、四つん這いにしてスパンキングや鞭でのお仕置きタイムです。これが調教というものなのでしょうか?かなり荒々しい感じですが、それでも女の子が感じ始めちゃうのですから、性癖って本当に分からないです。

手マンだけでなく、アナルにもズブズブと指を入れていくと、スパンキングされていた時以上に感じています。そして、アナルに入れた男性の指を自らしゃぶったりと、もう大変です。ノーマルなセックスしかしてこなかった人には、かなりインパクトのある作品です。シーンが変わると、ギロチン台のようなところで顔を固定された状態で、フェラチオタイムです。女性のペースで舐められている時はまだいいけれど、男性が荒々しく動き出すと、身体を動かすことができないのでかなりきつそうです。

しかし、そんな状態でもやはり嫌そうな表情は全く見せずに、ちんこにしゃぶりつきます。ちんこだけでなく、玉にもしゃぶりついており、これはよく調教できているのだろうなと感じますね。更に、ギロチン台に顔を固定された状態で、立ちバックで挿入です。これもやはり、身体を動かすことができず、普通の立ちバックよりもしんどそうですが、それまで以上に大きな声で喘ぎ、最後には張り付けのような状態で挿入されており、内容がメッチャ濃かったです。

作品サンプル画像

作品紹介文章

彼らはすべての女の子が新鮮な花、特にバラを手に入れるのが大好きだと言います。さて、それを確認する時間です。男は彼のグラマーな黒髪の湯たんぽをケージに入れ、花束で彼女をたたく前に花を嗅ぎます。はい、とげと花びら、柔らかい肌、しっかりした尻、その混合物は本当に刺激的なものです。最後に、ひよこは四つんばいになり、男のニーズを確実に満たし、おそらく彼女にいくつかのオルガスムを与えるハードな運指とクソアクションの準備をします。

作品紹介情報

  • 時間:45分
  • 女優:Lady Dee
オススメランキング
こちらのページではランキング形式でオススメサイトの紹介をしています。大量にありますので、徐々に加筆修正をしながら、少しずつ進めていくつもり...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする